ボーイスカウトみよし第2団は、愛知県みよし市(三好ヶ丘地区)で活動しています

カブ隊

カブ隊とは

ボーイスカウトの中で小学校3年生から小学校5年生までの少年少女を対象として活動する部門。
カブスカウトのモットーは「いつも元気」

・うさぎスカウト・・・小学校3年生
・しかスカウト・・・・小学校4年生
・くまスカウト・・・・小学校5年生

カブ隊には、以下のリーダーがいます。
隊長・・・・・・・カブ隊の責任者
副長・・・・・・・隊長を補佐するリーダー
デンリーダー・・・組(デン)の専属リーダー。組のお母さん、お父さん役です。

カブスカウトの『やくそく』と『さだめ』

-カブスカウトのやくそく-
・ぼく(わたくし)はまじめにしっかりやります
・カブ隊のさだめを守ります

-カブ隊のさだめ-
① カブスカウトは すなおであります
② カブスカウトは 自分のことを自分でします
③ カブスカウトは たがいに助けあいます
④ カブスカウトは おさないものをいたわります
⑤ カブスカウトは すすんでよいことをします

みよし第2団のカブ隊

毎年各年度10名、カブ隊全体で30名前後のスカウトが在籍しています。
6名~7名の組を組織して5組で活動しています。最近は、女子スカウトも多くなりました。

DSC01821

■ みよし第2団のカブ隊の活動

カブスカウトは、組で活動します。活動は、基本は月2回で、9:00~15:00の活動になります。
活動場所は、みよし市北部地区を中心に活動しますが、キャンプやスキー合宿等は県外での活動になることがあります。
スカウトが考え、スカウトが行い、スカウトが学ぶスカウトのためのプログラムを実施します。
キャンプ、ハイキングやスキー合宿等の本格的な野外活動と、活動の計画を考えるための組集会があります。
また、矯正展への参加や募金活動、慰問などの奉仕活動も行います。

カブ隊の活動計画はこちらから

カブ隊の活動報告はこちらから

活動の目的

•神(仏)を敬い、自分への責任を認識させる。
•自然に親しみ愛護する心を育てる。
•小グループの中で、相互に影響しあう機会を提供する。
•所属意識を伸ばし、目的を達成した時の充実感を感じさせる。
•自ら考え判断し、決断する力を養う。
•健康と安全について認識させる。
•好奇心と冒険心を満足させる。
•体の動きを高め、創造力を伸ばす。
•体験をとおして学ばせる。
•フェアプレーの精神と正義感を養う。
•愛と感謝の心を育てる。

アーカイブ

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGETOP
Copyright © ボーイスカウトみよし第2団 All Rights Reserved.
ホームページは、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「 ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、ボーイスカウト愛知県連盟みよし第2団武田団委員長bsmiyoshi2@gmail.com の責任のもとに掲載しています。